年齢にあったスキンケアで乾燥肌を防ぐ

年令とともに乾燥肌になりやすくなる

もともと乾燥肌ではなかったような人は、自分は乾燥肌とは無縁だと思ってしまうようなこともあります。

しかし、乾燥肌は誰にでも突然にやってくるものです。

理由は、年齢と共に肌が水分を吸収する量が減るからです。

また、失われる水分の量も多くなります。肌に水分や保湿が足りないとシワが増え、また乾燥もしやすくなるのです。

そして、若いころと同じスキンケアをしていても、乾燥を止められなくなります。

同じスキンケアをしていても水分が失われていると感じるようになれば、乾燥肌を防ぐようにするためにも、高保湿のスキンケアを行いましょう。

毎日メイクをしている人であれば自分の肌が乾燥していることに気が付きにくいです。

しかし、かゆみやニキビを発症していたりすれば、敏感肌が疑われます。

ちなみに、乾燥肌は、年齢のせいだけでなく、環境の変化により生じます。

花粉や黄砂が舞うような春は、外気によって肌を痛めてしまうのです。

少しでも外気から肌を守るためにも、マスクをしたりミストタイプの保湿化粧水を使ったりして、肌を守りましょう。

乾燥した肌に刺激を与えることで痒くなる

乾燥肌のかゆみの原因は、かゆいと感じる部分を掻けば掻くほどかゆいと感じる範囲が広がってしまうからです。また、頻繁に掻くことによって、神経が刺激されてさらにかゆくなってしまいます。

したがって、刺激をたくさん与えないようにするためにも、できるだけ掻かずに薬で保護するのです。

最初からあまりにも良く効くタイプの薬を使ってしまうと、慣れてしまって効かなくなる危険性があるので、最初は弱い薬から徐々に強い薬にしていきます。

皮脂欠乏性湿疹なのに、薬を使わずに自然に改善していこうとする人もいますが、アレルギー性のものやとてもかゆみが酷い状態の時であれば、薬を使用しないと悪化が深刻化します。

化膿して跡が残ってしまう危険もあるので、あまりにもかゆみが増すときは、漢方などで体質改善していくのも大事です。

体内の循環が悪いとそれによって皮膚の再生も遅く、かゆみが続くことにもなってしまいます。

漢方は、食生活が乱れている人、ホルモンバランスが悪い人も飲むだけで、体質が改善されます。

漢方薬は、自分にあったものを取り入れていきましょう。

乾燥肌は掻くことで傷になり症状が悪化する

肌が乾燥するとしわなどの悩みが増えるだけではなく、乾燥によってかゆくなります。

そこで掻きむしってしまうと、皮膚が割れるようなキズができ、症状が悪化するのです。

乾燥肌のかゆみの原因は、肌の乾燥とバリア機能の低下が原因とされています。

皮膚には、表皮の外側にある角質のバリア機能により外部からのウイルスや細菌などの侵入を防いだり、水分の蒸発を防いだりする役割があるのです。

角質の水分量が減少する事によって乾燥肌になります。

この状態は、皮膚の表面から水分や油分も失われてしまい、外部からの刺激に敏感に反応してしまうのです。

乾燥肌でバリア機能が低下するとかゆみが生じやすくなります。

かゆみが起きる仕組みはまだ判明していませんが、刺激によって皮膚の知覚神経の末端に、ヒスタミンなどのかゆみの物質が作用すると考えられています。

かゆみを感じると皮膚を掻いてしまいますが、掻くとかゆみの物質がさらに分泌されるため、かゆい範囲が広がっていきます。

肌を何度も掻いたり、掻きむしるなどで炎症が起こったり、キズができて外部からの細菌などが侵入しやくなって症状は悪化してしまうのです。

ヒルドイドで乾燥肌の症状を抑える

薬を塗って乾燥肌のかゆみを抑えられます。

乾燥肌の症状を抑えるための薬として処方されるものにヒルドイドがあり、保湿成分はヘパリン類似物質で水分子と結合しやすく保湿力に優れているのです。
ヒルドイドは、皮膚に塗ることで角質に潤いを与えられます。

また、低刺激で副作用も少ないため、赤ちゃんやアトピー性皮膚炎でも使える薬です。

ヒルドイドにはジェネリック医薬品があります。ヒルドイドフォルテクリームとヒルドイドフォルテジェルです。

これらのジェネリック医薬品は、個人輸入代行業者の通販サイトで購入できます。

ヒルドイドクリームは、皮膚科で処方されるクリームで保湿成分は0.3%ですが、ヒルドイドフォルテクリームには0.45%も保湿成分が配合されています。

そのため、スキンケアをすることで、健康的で瑞々しい肌になれるのです。

ヒルドイドフォルテジェルよりもクリームは濃厚なので、肌の乾燥が強い場合や掻きむしったことなどで小さなキズができている場合には刺激を感じます。

しかし、クリームは肌への密着が高いため肌を潤す効果が高いです。

ヒルドイドフォルテクリームなどにはヘパリン類似物質が配合されています。保湿のほか、血行促進効果もあり、肌に浸透して水分量を増やせて、乾燥肌の改善が期待できるのです。